ブログ

一軒家の外壁塗装で人気の色とは何か?人気の色と選び方について解説|平塚・株式会社いらか|

一軒家の外壁塗装で人気の色とは何か?人気の色と選び方について解説

成田崇
成田崇

  外壁の色やデザインにより、一軒家の雰囲気が変わってきます。
外壁塗装の際、一体どの色にするか悩んでいる方も多いのではないでしょうか?
納得のいく施工を行うためには、外壁の色を十分検討することが重要。
 
今回は一軒家の外壁塗装で人気の色に加え、色を選ぶポイントについて解説します。

一軒家の外壁塗装で人気の色

外壁塗装に用いられる色は多岐にわたります。

思い入れのある一軒家に長く住み続けるためにも、色選びを十分行いましょう。
人気の色として、主に以下のものが挙げられます。
・白
・グレー
・ベージュ
・黒
・茶色
・ネイビー
・クリーム
・グリーン
・ブルー
・イエロー
 
まずは外壁塗装で人気の色についてそれぞれ紹介するので、気になる方は一度参考にしてください。

白色は一軒家に清潔感や明るさを演出することが可能。

外壁塗装で用いられる人気を集めている色です。
白のバリエーションも数多く存在しており、自分に合った白を選べます。
外壁だけでなく、屋根や玄関に用いられることがあるのも特徴の1つ。
 
 
花や緑が映えるだけでなく、木彫デザインと合わせやすいです。
庭などで育てている花などを映えるようにしたいと感じている方は一軒家の外壁塗装に白を用いてはいかがでしょうか?
シンプルに仕上げたい・高級感を演出したい方におすすめ。
 
注意点として、汚れが目立ちやすい点が挙げられます。
汚れ対策として、低汚染塗料を用いるかどうか検討することが重要です。

グレー

グレーも一軒家の外壁塗装において人気の色。

落ち着いた雰囲気を演出できるのが特徴に挙げられます。
また、汚れが目立ちにくいのもメリットです。
外壁の汚れが気になる方はグレーを用いるかどうか検討してはいかがでしょうか?
他の色と組み合わせやすいのもグレーの特徴。
白と同様にグレーのバリエーションが多岐にわたります。
明るい仕上がりにしたい場合、淡いグレーがおすすめです。
重厚感を演出したい場合は濃いグレーをチェックしてください。
 
注意点として、暗く見えてしまう点が挙げられます。
使用する塗料の明るさに気を配りましょう。

ベージュ

ベージュは柔らかな色合いなのに加え、落ち着いた雰囲気を演出する色。
和風の一軒家だけでなく、洋風の一軒家にも馴染みやすいのが特徴に挙げられます。
周囲の景観に馴染みやすく、一軒家の外壁塗装に多く用いられる人気の色です。
また、他の色と組み合わせやすいのも人気を集めている理由の1つ。
汚れだけでなく、色褪せが目立ちにくいのもポイントです。
温かみのある一軒家で暮らしたいと感じている方はベージュを用いるかどうか検討してください。

黒は高級感や重厚感を一軒家に与える人気の色。

モダンな雰囲気を演出できます。
レンガ調の外壁などに合わせやすいです。
黒だけで外壁塗装を行うのはもちろん、他の色と組み合わせられるのもメリット。
薄い黒を選べば、色褪せが目立ちにくくなります。
黒は目立ちやすいので、一軒家の外壁塗装を行う際は周囲の景観に配慮して用いるかどうか判断しましょう。
 
注意点として、外壁が熱くなりやすいことが挙げられます。
黒は熱を吸収しやすい色。 一軒家の外壁塗装を進める際は日照条件に配慮しなければなりません。

茶色

茶色は一軒家に自然な温かみを与える人気の色。 外壁塗装だけでなく、屋根塗装に用いられる場合もあります。

バリエーションも数多く存在します。
落ち着いた仕上がりにしたい・高級感を演出したい方は選択肢に入れてはいかがでしょうか?
 
汚れが目立ちにくくなる反面、外壁が熱くなりやすい点に注意しなければなりません。
茶色が濃ければ濃い程、熱を吸収しやすいです。

ネイビー

ネイビーは深い青色。 水色などに比べ、落ち着いた雰囲気を演出しやすいです。

高級感のある一軒家に長く暮らしたいと感じている方は選択肢に入れることをおすすめします。
グレーや黒より色味があるのもポイント。
暗くなり過ぎるのを避けたい方にもおすすめです。
 
注意点として、色褪せが目立ちやすい点が挙げられます。
経年劣化に伴い、色褪せが目立ってしまうので、一軒家の外壁塗装を行う際は注意しなければなりません。
砂埃などの汚れが目立ちやすいのもデメリットです。

クリーム

クリームも一軒家の外壁塗装において人気を集めている色。

和風の一軒家から洋風の一軒家まで合わせやすいです。
明るく落ち着いた雰囲気を一軒家に与えられます。
ツートンカラーの外壁のベースカラーにしやすいのもクリームのメリット。
周囲の景観に溶け込みやすいため、目立ちにくいのも特徴に挙げられます。
目立つ色を避けたいと感じている方は一軒家の外壁塗装を行う際、クリームを用いるかどうか検討してください。
 
注意点は塗料によって色彩が変わってくる点。
クリームで一軒家の外壁塗装を行う際、どのメーカーの塗料を用いるかを意識する必要があります。

グリーン

グリーンは自然を連想させる人気の色です。 爽やかな印象などを演出することが可能。

外国邸のような住宅に適しているのが特徴に挙げられます。
アクセントとして、一部に取り入れるとおしゃれな雰囲気に仕上がるのもメリット。
緑化との相性も良いので、庭などで植物を育てている方はグリーンを外壁に取り入れてはいかがでしょうか?
また、汚れが目立ちにくいです。
 
注意点としては色の組み合わせが難しい点が挙げられます。
一軒家の外壁塗装でグリーンを用いる際、どの色と組み合わせるか塗装業者と相談してください。
周囲の景観に馴染んでいるかどうかを踏まえ、一軒家の外壁塗装を進めましょう。

ブルー

ブルーは明るく、爽やかな印象を与える人気の色。

落ち着いた雰囲気も演出できます。 その他にも、色褪せしにくい点がメリットです。
汚れが目立ちやすいので、ブルーで一軒家の外壁塗装を検討している方は注意してください。

イエロー

イエローは一軒家に明るい印象を与える人気の色。

ベージュに比べ、色味が強いのも特徴に挙げられます。
北欧風の一軒家に暮らしたいと感じている方はイエローで外壁塗装を進めてみてはいかがでしょうか?
 
注意点として、目立ちやすい点が挙げられます。
周囲の景観に配慮し、イエローを用いるかどうか判断してください。
さまざまな色と組み合わせやすいので、どの色と組み合わせるかもイエローを用いる際のポイントです。

一軒家の外壁塗装に用いる人気の色の選び方

一軒家の外壁塗装に用いられている人気の色を選ぶ際、ポイントを何点か押さえてください。

選ぶ際の主なポイントは以下の通り。
 
・一軒家のコンセプト
・カラーシミュレーションを参考にする
・周囲の景観に適しているか
・屋根、ドア、サッシの色との組み合わせ
・汚れが目立ちにくいか
・影の具合
 
数ある色の中から納得のいく色を選び、一軒家の外壁塗装を進めましょう。
ここでは、外壁塗装で人気を集めている色の選び方について解説します。

一軒家のコンセプト

一軒家のコンセプトを明確にし、どの色が適しているか検討することが重要。

コンセプトによって、一軒家に適した色が変わってきます。
外壁塗装を行う際、どのような一軒家で暮らしたいかについて家族と一度相談してはいかがでしょうか?

カラーシミュレーションを参考にする

一軒家の外壁塗装を行う前にカラーシミュレーションを行うのも色を選ぶ際のポイントです。

パソコンやスマートフォンの画面の色や明るさによって、色の見え方が変わります。
見本通りの仕上がりにならない可能性を踏まえ、塗料の色を検討してください。
試し塗りでどのような仕上がりになるか把握することも重要。
晴れの日だけでなく、曇りの日も試し塗りすることをおすすめします。

周囲の景観に適しているか

一軒家の外壁塗装に用いる色が決まった場合、周辺の景観を損なわないかどうか判断してください。

色によっては、目立ちやすい可能性があるだけでなく、周囲の景観を損なってしまう可能性もあります。
市区町村によって、景観ガイドラインが定められています。
一軒家の外壁塗装や屋根塗装などを行う際は景観ガイドラインに則って施工を行うのが重要。

屋根・ドア・サッシの色との組み合わせ

一軒家の外壁塗装を進める際は屋根・ドア・サッシの色との組み合わせも配慮しなければなりません。

外壁塗装の後、屋根やドアなどとのバランスが悪くなるのを避けましょう。

汚れが目立ちにくいか

汚れが目立ちにくいかどうかも色を選ぶ際のポイント。

メンテナンスを頻繁に行えないと感じている方は汚れが目立ちにくい色を選ぶことをおすすめします。
また、色褪せしにくいかで一軒家の外壁塗装に用いるかどうか判断する必要があります。

影の具合

影になっている箇所と日が当たっている箇所を見比べ、どのように見えるか把握するのも重要。

日が当たっているかどうかで外壁の見え方が変わってきます。

一軒家の外壁塗装で失敗を避けるためのポイント

人気の色を用いて一軒家の外壁塗装を行う際、失敗だけは避けたいと感じている方が多いのではないでしょうか?

失敗を避けるためのポイントとして、主に以下のものが挙げられます。
 
・3色以内にまとめる
・塗料の光沢を意識する
・塗料の耐用年数を把握する
・一軒家の外壁塗装を行う予算を把握する
・下塗り・中塗り・上塗りを行う
 
ここでは、各ポイントについて解説します。
一軒家の外壁塗装を予定している方はチェックしてください。

3色以内にまとめる

一軒家の外壁塗装を行う際、塗料の色を3色以内にするのがポイント。

人によっては多くの色を取り入れ、おしゃれに仕上げたいと感じているのではないでしょうか?
色が多過ぎると、まとまりが無くなる可能性があります。
一軒家の外壁塗装で色を選ぶ際の基準が存在します。
以下の基準を意識し、施工を進めてください。
 
・ベースカラー
・アソートカラー
・アクセントカラー
 
ベースカラーは一軒家の印象を決める色。 外壁全体の50~70%を占めます。
 
アソートカラーはベースカラーの次に面積が大きい色を指します。 外壁全体の20~50%を占めるのが特徴。
ベースカラーと組み合わせることで一軒家の印象が良くなるか検討してください。
 
アクセントカラーは最も面積が小さい色です。 外壁全体の5~10%を占めます。
一軒家全体の印象を引き締める役割があるのが特徴。
ベースカラーとアソートカラーより濃い色を選ぶのがポイントです。

塗料の光沢を意識する

塗料の光沢によって、外壁塗装の仕上がりが変わります。

一軒家の外壁塗装を行う際は使用する塗料の光沢をチェックしてください、

塗料の耐用年数を把握する

塗料の耐用年数をチェックし、一軒家の外壁塗装に用いるかどうか判断しましょう。

メンテナンスの頻度を少しでも減らしたいと感じている方は耐用年数の長い塗料を選択することをおすすめします。

一軒家の外壁塗装を行う予算を把握する

塗料の費用を把握するのも一軒家の外壁塗装を行う上で重要。

一軒家のメンテナンスにかける予算は人によって異なります。
予算と相談しつつ、どの塗料を用いるか検討してください。
塗装業者に予算に関する疑問を質問することをおすすめします。

下塗り・中塗り・上塗りを行う

一軒家の外壁塗装で失敗しないためには、下塗り・中塗り・上塗りを行うのも重要。

下塗りを適切に行っているかどうかにより、仕上がりが変わります。
不十分な場合は塗装が剥がれやすくなるので注意してください。
中塗りは上塗りと同じ塗料が用いられます。
下塗りと中塗りが適切に行われていると、上塗りの際に塗りムラが出にくくなります。
塗りムラが出ないように外壁塗装を行うのも一軒家のメンテナンスを適切に行うポイント。
一軒家の外壁塗装は十分な知識・技術が求められます。

人気の色で一軒家の外壁塗装を行う業者の選び方

一軒家の外壁塗装を行う塗装業者は数多く存在します。

納得のいく施工を行うためには、信頼できる塗装業者に依頼しなければなりません。
人によっては一体どこに任せれば良いか分からないなどの悩みを感じているのではないでしょうか?
情報収集を十分行い、信頼できる1社を見つける必要があります。
塗装業者を選ぶポイントとして、主に以下のものが挙げられます。
 
・口コミの内容
・施工事例
・見積書に記載されている内容
・保証内容
・どのようなスタッフが在籍しているか
 
塗装業者の業態 1社1社の情報を細かくチェックし、一軒家の外壁塗装で失敗するのを避けてください。
ここでは、塗装業者の選び方について解説します。

口コミの内容

塗装業者に一体どのような口コミが寄せられているかをチェックし、依頼するかどうか判断するのが重要。

一軒家の外壁塗装の仕上がりだけでなく、スタッフの対応についても知りたい方が多いのではないでしょうか?

施工事例

塗装業者の公式サイトに掲載されている過去の施工事例も依頼するかどうかの判断基準に挙げられます。

写真や施工の内容などをチェックし、納得のいく施工を行うかどうか判断しなければなりません。

見積書に記載されている内容

一軒家の外壁塗装を行う塗装業者が作成した見積書も選び方の1つに挙げられます。

費用の内訳や塗料をどのくらい用いるかなどが詳細に記載されているか把握した上で契約を進めてください。
費用が相場より高いかどうかも判断しなければなりません。
相見積もりを行い、一軒家の外壁塗装にかかる費用の相場について把握することをおすすめします。
各塗装業者からの見積書を一通り確認したら、信頼できる1社を選びましょう。

保証内容

一軒家の外壁塗装を行った後もメンテナンスを定期的に行うことになります。

保証内容が充実しているかどうかを踏まえ、依頼するかどうか判断してください。
塗装業者に保証内容に関する質問を行い、疑問を解消することをおすすめします。
保証内容は塗装業者によって変わってきます。

どのようなスタッフが在籍しているか

人気の色で一軒家の外壁塗装を行う際、

外壁塗装に関する知識・技術に優れているスタッフに任せたい方が多いのではないでしょうか?
在籍しているスタッフも塗装業者を選ぶポイント。
資格や実績などを踏まえ、選択肢を絞りましょう。

塗装業者の業態

塗装業者によって業態が異なります。 納

得のいく施工にするためには、どのような業態でサービスを提供しているか把握することが重要。
塗装業者の業態として、以下のものが挙げられます。
 
・塗装専門業者
・工務店
・リフォーム専門業者
・ハウスメーカー
 
業態によっては費用が想像以上にかかる可能性もあるので注意しなければなりません。
費用だけでなく、どのようなサービスを提供しているかなどを踏まえ、
一軒家の外壁塗装に関する相談を進める必要があります。

まとめ

一軒家の外壁塗装に用いられる人気の色として、白やグレー、ベージュ、黒などが挙げられます。

色を選ぶ際、一軒家のコンセプトや周囲の景観などに配慮しなければなりません。
家族の意見を聞き、一軒家の外壁塗装にどの色を用いるか決めましょう。
一軒家の外壁塗装などについて分からないことがある方は信頼できる塗装業者に一度相談してください。
 
 

この記事を書いた人

成田 崇

  • 瓦ぶき2級技能士
  • 瓦屋根工事技士
  • 瓦屋根診断技士

【趣味】サーフィン・山登り・バックカントリースキー・読書・旅行

〇かわらぶき2級技能士とは?

瓦屋根工事に必要な知識と施工技術を備えていることを証する資格で、瓦職人にとって欠かせない国家資格です。 試験は学科試験と実技試験で構成されており、実技試験では実際に一文字軒瓦または万十軒瓦を使った瓦葺き作業を行い受験者の施工レベルを審査します。

〇瓦屋根工事技士とは?

国土交通大臣が認定する資格で屋根工事に従事する者として必要な瓦屋根についての適正な知識を備えていることを証する資格です。 この資格取得では屋根の施工に関する知識はもちろんのこと、建築に関わる知識、安全に関する知識、法規等、さまざまな知識が求められます。

〇瓦屋根診断技士とは?

国交省所管の公益法人(社)全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が高い技術、技能を持つ工事技術者に対してのみ与える資格です。 この資格の取得条件はかわらぶき技能士と瓦屋根工事技士の両方の資格を備えた者となっており、国内の瓦屋根工事技術者における最上位資格といえます。